沿革

Home 沿革

沿革

1918年(大正7年7月7日)愛知県名古屋市東区撞木町に合名会社山田兄弟商会が紙器製造を開業
1945年(昭和20年8月)終戦直後工場、倉庫、事務所を新設し、段ボール紙器製造業として再起
1949年(昭和24年10月)第1回包装展覧会出品物に対し通商産業大臣賞を受ける
1950年(昭和25年12月)従来の組織を改め資本金 八百万円にて山田ダンボール株式会社を設立する 輸出包装展覧会の出品物に対し通商産業大臣より賞状を受ける
1951年(昭和26年3月)東京都荒川区南千住に東京工場を新設
1957年(昭和32年4月)大阪府大阪市生野区林寺町に大阪工場を新設
1958年(昭和33年12月)東京都足立区新田に東京王子工場として近代的設備と高性能を誇る新工場を設置
1961年(昭和36年2月)大阪府門真市打越に大阪工場を新設しアメリカS&S社製の諸機械を導入
1963年(昭和38年4月)段ボール製量産襖(商品名 ダンフスマ)を開発、製造販売を開始
1964年(昭和39年1月)千葉県八千代町に千葉工場を新設、東京近辺のメイン工場として稼働に入る
1966年(昭和41年1月)愛知県春日井市宮町中島に近代的工場を求め、本社工場をここに移転
1967年(昭和42年1月)千葉工場にて国内初のトリプル・ウォールの製造を開始
1969年(昭和44年12月)千葉工場にS&S社製四層段ボール製造可能な世界最初の超大型コルゲートマシンを設置
1974年(昭和49年3月)東京都中央区日本橋本町に本社を移転
    (昭和49年5月)内装仕上工事業の建設大臣許可を受ける
1987年(昭和62年12月)兵庫県神崎郡神河町福本に兵庫工場を新設
1993年(平成5年11月)セリュウ・ジャパン㈱設立(伊藤忠商事と合弁)段ボール製パレット製造、販売する
1996年(平成8年5月)山段香港有限公司を中国深圳に設立
1998年(平成10年9月)山段香港、上海に上海事務所を開設
      (平成10年11月)滋賀県蒲生郡日野町に滋賀工場を新設
1999年(平成11年1月)千葉工場にてISO9002を取得
2001年(平成13年7月)中国深圳に山段包装制品(深圳)有限公司を独資で新設
    (平成13年9月)滋賀工場にてISO9002を取得
2002年(平成14年5月)千葉工場で、AAAの貼合が可能になる
    (平成14年6月)中国上海に山段包装制品(上海)有限公司を独資で新設
    (平成14年7月)中国東莞に山段包装制品(深圳)有限公司 石龍分公司を新設
    (平成14年12月)千葉工場にてISO14001を取得
2003年(平成15年1月)千葉工場にてISO9001を取得
    (平成15年3月)滋賀工場にてISO14001を取得
    (平成15年9月)滋賀工場、大阪営業所、名古屋営業所にてISO9001を取得
    (平成15年11月)中国蘇州に山段包装制品(上海)有限公司 蘇州分公司を新設
2004年(平成16年1月)セリュウ・ジャパン㈱大阪営業所を新設
    (平成16年6月)セリュウ・ジャパン㈱名古屋営業所を新設
2005年(平成17年12月)山段包装制品(上海)有限公司 蘇州分公司を山段包装制品(蘇州)有限公司に独立法人化する
2009年(平成21年7月)タイにYAMADAN(THAILAND)CO.,LTDを新設
2012年(平成24年1月)山段包装制品(深圳)有限公司工場を深圳市宝安区石岩に移転
ページトップへ